【ガジェット/ CIO G65W1C 】世界最小最軽量の65W出力のGaN充電器を解説!

【ガジェット/ CIO G65W1C 】世界最小最軽量の65W出力のGaN充電器を解説!

今回は、「 CIO G65W1C 」という世界最小最軽量クラスの充電器について解説します。

M1 Macbook Airは充電に必要な電力が低いため、そこまでに必要ありませんが、一般的なWindowsのノートPCであれば65wの出力に対応した充電器が必要となります。

そこで本記事では65wに対応していながら小型で軽量な充電器を紹介します。

こんな方におすすめ

  • USB-Cポートで給電が可能なWindowsノートパソコンをお持ちの方
  • 出張や営業など出先でノートPCを使用する機会が多い方


[st-midasibox title=”この製品の特徴” webicon=”st-svg-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

  1. 卵より小さいコンパクトサイズ
  2. PPS対応により、急速充電ができる
  3. プラグは折りたたみして収納ができる

[/st-midasibox]

 

[st-midasibox title=”この製品のデメリット” webicon=”st-svg-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

  1. 1ポートのみなので、スマートフォンとの併用充電ができない
  2. 一部WindowsPCで充電ができない
  3. ケーブルが別売り

[/st-midasibox]

以下記事で2022年買ってよかったガジェットを紹介しているのでぜひ参照してみてください!

【在宅100%のサラリーマンが選ぶ!】 2022年 買ってよかった ガジェット まとめ

目次

CIO G65W1C 仕様概要

CIO G65W1C 仕様概要

まずは本製品の仕様概要を紹介します。

製品名CIO G65W1C
メーカーCIO
サイズ約40mm×50mm×28mm
本体重量約87g
出力PDO 5V-3A 9V-3A 12V-3A 15V-3A 20V-3.25A(65W Max) 
PPS 3.3-11V 3.25A
ポート数USB-C×1
PPS規格対応
PD規格対応
カラーホワイト、ブラック
価格3,780円(税別)
保護機能短絡防止・過充電保護・過放電保護・加熱保護・過電流保護・過電圧保護

CIO G65W1C 特徴

卵より小さいコンパクトサイズ

まずはこの製品の最大の特徴であるサイズです。

高さ5cm、幅4cmとAmazonの商品概要として「卵よりも小さい」と紹介されるほど小さいです。

Windowsの充電器はさらに大きいし、部品が分かれているので、クレジットカードよりも小さいサイズで済むのはメリットが大きいですね。

CIO G65W1C 特徴

Macbook Proの純正充電器と比較すると体積が半分以下です。

持ち運びには小さいが正義です。ノートPCの充電器としては世界最小クラスなので持ち運びにはこれですね!

家用と持ち運び用2つあってもいいぐらいです!

PPS対応により、急速充電ができる

PPS(Programmable Power Supply)は、USB PD 3.0のオプションとして用意される高速充電規格です。

これにより急速充電を実施できるだけでなく、スマートフォンのように出力が低くてもよいデバイスを充電する際は、電力供給側デバイスが、ケーブル許容範囲と電力受電側の示すリストの中から流すべき電圧と電流を選択し、適切な電気を流すことができるようになります。

難しい話になりましたが、デバイスごとに最適化した充電ができる機能という認識でいいと思います。

ただしこちらの機能は充電器とデバイスとケーブルがすべてPPSに対応していなければいけません。
現時点ではほぼすべてのスマートフォンが未対応ですので、ご認識ください。

今後に期待を持てる機能ですね!

プラグは折りたたみして収納ができる

他社製品でも実装されていますが、コンセントプラグが折りたたんで収納できます。

折りたたむことができないものだとコンセントが折れ曲がったりして危険です。

もはや当たり前になりつつある機能ですが、あってうれしいことには変わりありません。

購入の際のマスト条件になりつつあります。

CIO G65W1C デメリット

1ポートのみなので、スマートフォンとの併用充電ができない

ノートPC用と割り切っている場合はよいですが、カフェなどでは1つしかコンセントがない場合があるなどポート数が1つしかないのは心許ないです。

ノートPCのUSBポートで充電するなど代替もありますが、もう1ポートあったらうれしいとおもいました。

2ポート以上ある製品としては以下のような製品があります。

以下記事で上記の詳細解説をしているので、合わせて確認してみてください。

【ガジェット/ CIO LilNob Share 】超小型・PC対応の4ポート充電器をレビュー!

一部WindowsPCで充電ができない

CIO G65W1C デメリット

Amazonでも注意喚起がされていますが、Lenovoへの給電は非対応となるそうです。

その他のメーカーでも一部PCが使用できない場合があります。不安であればAmazonにて問い合わせてみてください。

以下記事はいろんな機種を試されているので一読いただけるといいかと思います。

ThinkPadなどのノートPCが一部のUSB PD ACアダプターで充電できない話

ケーブルが別売り

ケーブルは付属していないので、別で購入する必要があります。

別でケーブルを購入する際は、65w給電に対応しているかどうかを確認してから購入するようにしてください。

おすすめは、以下記事で紹介しているAnkerの絡まないケーブルです。

ほんとうに絡まず、触り心地もよい製品になるので良ければ合わせて購入を検討してみてください。

以下記事で上記の絡まないケーブルについて解説しているので、合わせて確認してみてください。

ガジェットレビュー: Anker PowerLine Ⅲ Flow 絡まないケーブルがおすすめ!

絡まないケーブル以外買えなくなりました。。。。本当におすすめです!

CIO G65W1C  解説まとめ

一部ノートPCで使用できないという懸念点がありますが、使用できればサイズ重量充電性能に文句のつけようがない商品です。

使用できるかしっかりと確認したうえで購入を検討してみてください。

おわり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる