クラムシェルモード ノートPCをデスクトップPCのように使用する方法を解説!

クラムシェルモード  ノートPCをデスクトップPCのように 使用する方法を解説!

在宅でディスプレイを使用する方が増えていると思いますが、そんな時に クラムシェルモード で使用することで作業効率を向上させることができます。

本記事ではノートPCを開いたまま使用できる「クラムシェルモード」の使用方法をご紹介します。

以下記事で2021年買ってよかったガジェットを紹介しているのでぜひ参照してみてください!

【在宅100%のサラリーマンが選ぶ!】 2021年 買ってよかった ガジェット まとめ

目次

クラムシェルモード とは

クラムシェルモードとはノートPCを閉じて、外部ディスプレイ、キーボード、マウスを使用し、内蔵モニター、トラックパッド、キーボードを使用しない設定のことです。

クラムシェルモードはMacの固有設定ですが、Windowsでも似たような設定をすることができます。

クラムシェルモード 設定方法(Mac)

手順としては、以下3STEPです。

なお、電源につながっていることが条件になりますので、注意ください。

  • 「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」を有効にする
  • デバイスを電源と接続する
  • 外部ディスプレイの電源を入れデバイスと接続する

「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」を有効にする

まずはシステム環境設定 > Bluetoothをクリックします。

続いて詳細設定をクリックします。

最後にBluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にするにチェックを入れることで、準備完了です。

デバイスを電源と接続する

電源を接続するだけです。

なお、最近のディスプレイにはUSB-Cケーブルを使用して、映像を受信するだけでなく、電源供給もできるタイプのディスプレイもあります。

そのようなディスプレイであれば、ケーブル1本で済むのでおすすめです。

外部ディスプレイの電源を入れデバイスと接続する

ディスプレイに電源を入れると自動的にMacのデスクトップが表示されます。

接続しても画面が表示されない場合は、入力がMacとつながっている入力とずれていたり、ケーブルがちゃんと刺さっていない可能性があるので、確認してみてください、

クラムシェルモード 設定方法(Windows)

設定手順は以下です。

※なお以下はwindows10の設定画面です。

設定から電源オプションを開く

windowsキーを押し、左下の設定ボタンを押す。

クラムシェルモード 設定方法(Windows)①

システムを選択

クラムシェルモード 設定方法(Windows)②

電源とスリープを選択

クラムシェルモード 設定方法(Windows)③

電源の追加設定を選択

クラムシェルモード 設定方法(Windows)④

カバーを閉じたときの動作の選択

クラムシェルモード 設定方法(Windows)⓹

カバーを閉じても [何もしない] にする

クラムシェルモード 設定方法(Windows)⑥

以上で、設定が完了です。

こちら注意点としては、画面を閉じてもスリープモードにならない設定なので、通知音などは鳴ってしまいます。

また、電源が付きっぱなしになるので、電源とスリープ画面にてディスプレイを切る、スリープ状態にする設定をしておくことをお勧めします。

クラムシェルモード で使用する際におすすめの商品

クラムシェルモードにすると、内蔵ディスプレイとキーボード、トラックパッドが使用できなくなります。

そこで、必要になるのが、外付けのディスプレイとキーボード、マウスです。

また、それらをまとめて配線できるドッキングステーションもあると便利です。

おすすめの製品を紹介します。

もしよければ以下サイトからレンタルもできますので探してみてください。

カメラレンタルなら【モノカリ】

ディスプレイ

・解像度が4K

・VESA規格対応

・ノートPCへの給電と映像受信がUSB-Cケーブル1本でできる

・27インチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる