ワイヤレスキーボード の選び方を紹介!あったキーボードはどれ?

ワイヤレスキーボードの選び方

ワイヤレスキーボード を使用していますでしょうか。

テレワークが推奨され始め、自宅の就労環境を整えていく中で、モニターやキーボードをそろえている方が増えているように感じます。

ただしひとえにワイヤレスキーボードと言っても、多くの種類が発売されており、どうやって選べばよいか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで本記事ではワイヤレスキーボードの選び方について解説します。

キーボードを購入する前に以下でレンタルしてみてはいかがでしょうか?

目次

ワイヤレスキーボード の選び方

以下にてキーボードの選び方を整理しました。

順番に解説していきます。

ワイヤレスキーボードの選び方

ワイヤレスキーボード の選び方キースイッチ

キーボードのキースイッチは大きく4種類あります。

  • メンブレン
  • パンタグラフ
  • メカニカル
  • 静電容量無接点

メンブレン

メンブレン 

ELECOM  トップ > サポート情報 > 製品Q&A

メンブレン方式は、キートップの下に、ラバードームを配置することによって、反発させる仕組みです。

4つのキースイッチの中で最もキーストローク(キーを押し込む深さ)が短いです。

そのため、打鍵感は弱いですが、静かなタイピングが可能となります。

比較的シンプルな構造につき、安価で販売されていることが多いです。安価につき経年劣化が発生する割合が高いことがデメリットの一つとなりますが、買い替えに億劫になるほどの価格ではないです。

また、構造がシンプルなことから水濡れに強く、裏面に水抜きを行うことができる穴がついているものも存在します。

キーボードにはあまりお金をかけたくない。会社等で使用するので、静かなものがいいと考えている人におすすめできるキーボードです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる