在宅勤務に最適な マウス の選び方とおすすめ製品を5点紹介!

在宅勤務に最適な マウス の選び方とおすすめ製品を5点紹介!

ノートPCのトラックパッドの精度が向上したことにより、 マウス が不要と考える方も多くなったように感じますが、

それでも多くの方はマウスを使用していると思います。

特に在宅勤務が増え、ディスプレイに出力されている方は必須アイテムとなります。

そこで今回はマウス選びのポイントとおすすめマウスについて解説していきます。

目次

マウス 選びのポイント ①接続方式

マウスを選ぶ際に有線か無線か確認する必要ががあります。

有線の場合は、充電の必要がないことや、遅延が少ないことがメリットとなりますが、線が邪魔になるというデメリットも存在します。

また、有線のほうが比較的安価です。

ただし最近は無線マウスが主流となりつつあり、遅延発生が減少していることと、価格も抑えることができているので、無線を選ぶことをおすすめします。

参考:無線接続の種類

無線接続にもUSBレシーバーを使用するタイプとBluetoothを使用するタイプがあります。

USBレシーバーを使えば、差し込むだけで使用できる反面レシーバーを管理する手間がかかります。

複数台のPCやタブレットに対して使用する場合はBluetoothの方が適しています。

逆に1台のPCにしか使わない場合はこちらのほうが適しているので、ぜひ選択の際に考慮してみてください。

マウス 選びのポイント ②稼働時間・充電方法

充電方法は電池式と充電式があります。

充電がなくなった際のわずらわしさは正直電池のほうが大きいので個人的には充電式を選ぶべきと考えます。

また、充電式であっても稼働時間・充電時間は考慮すべきです。

たとえばLogicoolのMXMASTER3というマウスは電池寿命が最大70日間もち、USB-Cによる急速充電が可能となります。

充電がなくなった際に短時間充電すれば使用できるようになるのは使い勝手が良いです。

マウス 選びのポイント ③接続端子

充電式のほうがおすすめと解説しましたが、充電端子がなにかを見ておいたほうが良いです。

主にUSB-Cとmicro USBの2種類が存在します。

Micro USBは価格が安いですが、充電スピードが遅いです。

現在はUSB-Cが主流となってきているので、可能であればUSB-Cの充電端子が採用されているマウスを選択してください。

マウス 選びのポイント ④ボタン数

最小構成としては、ホイール、左右クリックの3ボタンですが、それ以外にボタンが複数ついているマウスが多いです。

特にゲーミングマウスは10個のボタンがついているマウスも存在します。

あまりにも多すぎるボタン数では使いこなせませんが、ボタン数を考慮に入れるといいと考えます。

また、おすすめのボタンとしては進む戻るを制御するボタンがあるマウスです。

Webブラウザを使用しているときに戻る進むボタンがあると非常に楽になります。

マウス 選びのポイント ⑤キー割り当て

④にてボタン有無について解説しました。

製品によっては、そのボタンに対して、独自のキー割り当てができる商品が存在します。

例えばLogiccolの商品であればLogicool Optionsといいアプリケーションを用いると各ボタンに割り当てが可能です。

さらに使用するアプリごとにキー割り当てを変更する機能も存在するので自身の使用用途に合わせることが可能です。

Logicool Optionsはこちら

マウス選びのポイント ⑥読み取り方式

読み取り方式とは、底面から発する光線で動きを読み取り、パソコン画面のポインターに動きを反映させるという仕組みですが、光線の種類が複数存在します。

主にレーザー方式・ブルーLED方式・IR LED方式・光学式の4タイプあります。

現在では、各社独自規格を開発しております。

レーザー方式 

高い読み取り性能で、光沢面や布の上でも読み取り可能ですが、ガラスなどの透明な面を苦手としています。

ブルーLED方式

4つの読み取り方式のなかで最も高い読み取り性能で、あらゆる場所での操作が可能です。

IR LED方式

赤外線LEDを利用した読み取り方式です。

消費電力が低く、充電頻度が下がる為、ワイヤレス接続に最適ですが、光沢面や白い面の読み取りを苦手とします。

光学式

価格が安価なので、マウスにお金をかけたくない方にお勧めです。

トラックボール

読み取り方式としては、異質ですが、ボールを転がしてカーソルを移動するマウスです。

手を動かす必要がないため、腕への負担を軽減することができます。

また、狭い場所でも使用可能です。

マウス選びのポイント ⑦マウス形状

エルゴノミクスという人間工学に適した形状をしたマウスが存在します。

手首傾きに合わせて作成されるので、無理な姿勢を取らずにすみます。

おすすめマウス 5選

本章では、おすすめマウスを5つ紹介します。

前章までで解説した評価ポイントを基に評価します。

MX Masete3

おすすめ マウス MX Masete3

いわずとしれたビジネス向けマウスの最高傑作だと思います。

人の手に合うように作成された形状や横スクロール用のホイールなど文句がないレベルです。

若干思いと感じる場合もありますが、自分はそこまで気になりません。

もし重たいと感じるようでしたら以下記事で紹介している MX ANYWHERE 3をお勧めします。

【 弱点無即購入! 】持ち運べる高機能ワイヤレスマウス MX ANYWHERE 3 をレビュー!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる