ダニングクルーガー効果 |自分を過信してしまう認知バイアスを避ける方法

ダニングクルーガー効果 という言葉をご存じでしょうか。

能力が低い人ほど、自分の能力を高く見積もる傾向にあり、改善の意識が低くなることで、能力不足の人ほど、自分の能力不足に気づかないというメタ認知的な現象の1つです。

ダニングクルーガー効果として定義されたのは、コーネル大学による実験によるので最近の話です。

近しい言及として、古代ギリシアの哲学者ソクラテスは、自分に知恵があると思い込んでいる人よりも、自分が知らないことを自覚している人のほうに知恵がある「無知の知」を説いています。

また、中国の孔子も「知るということは、知っていることを知っている、知らないことを知らないと認めることだ」と、論語のなかで述べています。

この現象はコーネル大学のJustin KrugerとDavid Dunningが、大学において学生の成績と自己評価の関係を調べた実験

(Unskilled and Unaware of It: How Difficulties in Recognizing One’s Own competence Lead to Inflated Self-Assessment )に端を発します。

実験では成績が悪い人ほど自分が全体の中で占める位置を過大評価していること、成績優秀者は自分のレベルを控えめに評価していることを示しました。

この実験で得られた結果の通り、「能力の低い人は自らを過大評価」、「能力が高い人は自らを過少評価」する傾向にあることがわかります。

人間は自分を客観的に評価することを苦手としていますが、どのようにすればこの認知バイアスを避けることができるでしょうか。

本記事ではどのような人が陥りやすいかと具体例及び対応策について解説します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる